大好き北海道の東端っこでの生活

しんかい6500に乗るには?パイロットになる方法と女性はいるのか調査

2019/12/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

有人潜水調査船「しんかい6500」

これに、乗船するにはどうしたら乗れるんでしょう?

パイロットや研究者としてではなく、一般人としてです。

潜水船に乗るための特別な訓練は一切不要なので、これまでに老若男女色々な方が潜航しています。

ならば、私でも機会があれば乗れる?

その方法を調べてみることにしました。

「しんかい6500」 直径2mの球形船内3人乗り、トイレなし

乗船者

「しんかい6500」には2人のパイロットと1人の研究者の合計3人が乗船し、海底で色々な調査研究を行っています。

【パイロット】

船長は基本的に窓から外を見ています。船内のトラブル時や、調査場所にいつまで留まって次にどこに行くかなど現場の判断はパイロットが行います。一

【コパイロット】

コパイロットは船内の盤面やモニターに表示されている値から現状をパイロットに伝えるのが大きな役割。

なので外を見れない。

●座る場所は決まっていて真中がパイロット、右がコパイロット、左が研究者などのオブザーバー

 

●8時間、トイレに行けない!(朝9時から17時まで)🚽

朝9時に潜り始めて深海まで片道2時間半、深海調査が3時間で帰りに2時間半で17時には必ず浮上する。

8時間以上密室で過ごすわけですが、気になるのはトイレ問題

市販の携帯用トイレは積んでありますが、基本的に乗る前にすませます。

当日気をつければ意外に8時間出ないものです。

 

●女性はおむつをつけて、化粧はダメ!リップクリームもできない!💄

コックピット内は火災予防のために可燃性成分は禁止。

脂分が含まれているものはダメで、リップクリームもダメ。

男性の整髪料や、フリースとか静電気が発生しそうな生地も禁止。

深海に潜ると寒くなるので潜航服を着てもらいます。

潜航服は難燃性で防寒を兼ねたノーメックス(難燃性のメタ系アラミド繊維)という生地で作られてます。

「しんかい6500」コパイロットの池田瞳さん。

着用しているのは潜航服です。

●食事はできるの?🥪

サンドイッチを用意しますがいつ食べてもいい。

人それぞれです。

食べる人は食べるし、食べると眠くなるとか外を見たいとかの理由で食べない人もいます。

 

●飲み物は飲んでもいいの?☕

水筒は一人一本用意されて好きな飲み物を選べます。

緑茶かコーヒー。

コーラはだめだし、匂いがするものはだめです。

 

深海パイロットにはどうやったらなれるの?

 

●視力の条件も特になくて、コンタクトをしていてもいい。

●体力テストもない

●一級小型船舶操縦士の資格は必要

●運航・管理を行っている日本海洋事業という会社に入る

ホームページがありました。

リクルートページがあって深海技術系社員を募集していました。

☟  ☟  ☟

https://www.nmeweb.jp/

2020年新卒社員の募集は終わっていました。

 

しんかい6500の船長をパイロットと呼びますが、飛行機のパイロットとは大きく異なりパイロットになるためには、まずは整備作業から始めます。

「しんかい6500」の点検や機械の整備を通じてシステム全体を理解しない限り、パイロットの訓練へは進めません。

訓練カリキュラムに従って2~3年程度整備作業を経験し、数回から十数回の訓練潜航を経て、ようやく船長補佐(コパイロット)として調査潜航に乗船できるようになります。

ここから先は常に本番、調査が行われる現場で幾多の調査潜航を経験しながら成長していくことになります。

そうして晴れて船長になるまでには、運航チームに入ってから概ね7~8年程度かかります。

 

女性でもパイロット、コパイロットになれるの?

結果として、誰でも乗れるようですが(体力、視力が必要ない)

資格が無ければむりのようですね。

 

しょこたんと元宇宙飛行士、毛利衛さんしんかいに乗った時のTBS番組があった!

お金を払って宇宙観光のようなことはやっていないんですね。

また、トイレのことなど女性にはハードルが高いですー。

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道東walkerときどき ごちゃまぜ , 2019 All Rights Reserved.