大好き北海道の東端っこでの生活

007ボンドガール「ボンド25」マドレーヌ・スワン続投レア・セドゥ調べてみた。けっして綺麗な人ではない。

2019/08/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

ルイヴィトンのアンバサダーを2016年から務めている

1985年7月1日 フランス・パリで

生まれる。

34歳。

祖父のジェローム・セドゥはフランスのメディア王と呼ばれる大物で、

映画会社パテを買収し会長に就任。

大叔父のニコラ・セドゥも同じくフランスの映画会社ゴーモンの

会長及びCEO。

恋人はアンドレ・マイヤーさんという一般人のかた。

画像は2017年4月。

ママになっていました。

ねっ?やはり綺麗なひととは思えない。

ファンのかた、ごめんなさい。

 

2015年 007スペクターでボンドガールだった。

マドレーヌ・スワンという役柄でした。

黒幕のボスをMr.ホワイトが非難したがために命を狙われているのだという。

Mr.ホワイトは娘をかばっていて、

ボンドが娘を守るという交換条件で組織についての情報提供をした

この娘役がレア・セドゥで

オーストリアの診療所に勤務している精神科医役だったと思う。

今までのボンドガールと違って

ずぅぅと違和感があった。

右はモニカ・ベルッチさん。この方なら納得するのよ。

「イタリアの宝石」といわれたモニカ・ベルッチ。

50歳らしいのですが、美しい。

 

「スペクター」での一場面、列車での

優雅なお食事シーンですが、このあとに激しい戦闘シーンがあり

ほっとした刹那、

ラブシーンへと突入するのですが

これは好きだったです。

 

ラストシーン、

Qの用意した車でバカンスに行くようなお二人。

歳が歳が、離れすぎていないか。

親子に見える。

ボンドが愛するとは思えないまま、物語は終了。

 

『Bond25』はマドレーヌ・スワンの少女時代のエピソードから

ノルウェーで始まるようです。

でも、ボンド25は熱帯のジャマイカが

舞台なはず。

寒いノルウェーと熱いジャマイカ。

どんな、対比になるんでしょう。

少なくても

ボンドはマドレーヌとの幸せな生活が続いて

いたということですね。

マドレーヌ・スワンの再登場。

なんで?と思う方、多数でしょう。

キャリー・フクナガ監督は

僕たちは前作で彼女のことを少し知っただけだった。

彼女についてもっと語るべきことがあると思ったんだ。

ダニエル・クレイグが強く再登場を推したということです。

不思議だ。

ルイヴィトンでのお仕事。

強力個性がヴィトンに似合っています。

 

↑  ↑  ↑

このバックはお店に見に行きましたが

実際に持ってる方には、お会いしたことありません。

でも、楽天では売っていました!

 

 

 

「ボンド25」ではこんな感じです。

普通に個性的で美しいですね。

右が話題の新007、ラシャーナ・リンチです。

 

監督が日系アメリカ人、キャリー・フクナガ。

彼は若いころ、北海道でスノーボードしながら

英会話教室の先生をしていたとのこと。

今、すごいプレッシャーと戦ってるんだろうなー。

 

悪役はラミ・マレック。

宗教臭のない役だったら、引き受けるという

条件だったそう。

最後に

レア・セドゥが「イングロリアス・バスターズ」の

子役だった時の画像。

いやぁ、わかりませんでした。

あー、この子は主人公の女性の

子供の頃の画像ですね。

めちゃ、かわいい。

 

来年の公開を楽しみにしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道東walkerときどき ごちゃまぜ , 2019 All Rights Reserved.