大好き北海道の東端っこでの生活

007Q役ベン・ウィショーに夢中!ハムレット演じる23歳の時のYOUTUBE必見です!

2019/08/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

2012年に同性婚されてました!だけど2019年7月に破局のうわさ。

1980年10月8日生まれの38歳。

英国王立演劇アカデミーを卒業。

23歳の時、ハムレットを演じて絶賛される。

5分くらいの動画なので必見です。

今も痩せていますが、23歳の彼もガリガリです。

ビデオテープマークをクリックすると画像のように

英語字幕が出ますので

音声だけより理解できますよ。

 

ぎこちなく痛々しいほど痩せた特徴を生かして、不安に満ち、

病的なほど絶望に打ちひしがれ、

とにかく人をつき動かさずにはおかないデンマークの王子を演じた

 

2012年 007 スカイフォール

 

2015年 007 スペクター

 

2020年 007 ボンド25(仮タイトル)

いずれもQ(キュー)役で、猫背で細身の体と長髪、おしゃれなファッション。

気難しそうなボンドとの軽妙な会話で

ファンには楽しみのひとつですね。

私生活では2012年にオーストラリア人作曲家マーク・ブラッドショウと

シビル・パートナーシップ(法的に承認されたパートナーシップ関係)を

結んでいたことがわかりました。

 

2019年7月

 

有名人用の出会い系アプリ「Raya」にアカウントを作ったことから、

シングルになったのではないかと「サン」紙が報じている。

Rayaとはインスタグラムに5000人以上フォロワーがいないと

入れないそうですよ。

 

007においてQ役とは?

QはQuartermaster「需品係将校」から、きてるそうです。

軍事用語で陸軍では物資や食料を配給する兵士のこと。

初代007Q役はデスモンド・リュウェリンという

俳優さんでした。

『007 ロシアより愛をこめて』より長年親しまれてきた。

Qはイギリス流のユーモアと皮肉を交えながら秘密兵器を提供し

毎回ボンドの危機を救ってきた。

(これはベンもいっしょですね)

Qのセリフは科学用語が多い難役であるが、

「本物の科学者に見える」などの高い評価を得、

実にシリーズ17作に出演。

 

007 ロシアより愛をこめて 007 From Russia with Love(1963年)
007 ゴールドフィンガー 007 Goldfinger(1964年)
007 サンダーボール作戦 007 Thunderball(1965年)
007は二度死ぬ 007 You Only Live Twice(1967年)
女王陛下の007 007 On Her Majesty’s Secret Service(1969年)
007 ダイヤモンドは永遠に 007 Diamonds Are Forever(1971年)
007 黄金銃を持つ男 007 The Man with the Golden Gun(1974年)
007 私を愛したスパイ 007 The Spy Who Loved Me(1977年)
007 ムーンレイカー 007 Moonraker(1979年)
007 ユア・アイズ・オンリー 007 For Your Eyes Only(1981年)
007 オクトパシー 007 Octopussy(1983年)
007 美しき獲物たち 007 A View To A KIll(1985年)
007 リビング・デイライツ 007 The Living Daylights(1987年)
007 消されたライセンス 007 Licence to Kill(1989年)
007 ゴールデンアイ 007 GoldenEye(1995年)
007 トゥモロー・ネバー・ダイ 007 Tomorrow Never Dies(1997年)
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ 007 The World Is Not Enough(1999年)

 

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ で

引退を表明。

ボンドに若い助手Rを紹介してから、

隠しエレベーターで下がり去っていくという形で物語から退場した。

その後ご自身の伝記を刊行。

サイン会の帰り道、自身で運転する自動車と他者の車との衝突事故が起き

死去した

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ の

DVDには追悼の映像が収録されています。

ダニエル・クレイグの希望によりQが復活した

2006年の『カジノ・ロワイヤル』

続編の『慰めの報酬』(2008年)ではQは登場しなかった。

ボンドを演じたダニエル・クレイグはキャラクターが登場しないことに懸念を表明し、

『スカイフォール』でQを復活させたいと希望を表明。

2011年11月、ベン・ウィショーがQ役に決まったことが発表。

ウィショーは2012年時点で31歳であり、歴代のQ俳優では最年少。

黒縁の眼鏡を着用し、パソコンによるハッキングを主に行う。

本物の彼はテクノロジーに弱いそうです。

それも可愛いですよね。

ベン・ウイショー、007でのファッションを見ていきます!

2012年 スカイフォールで初登場!!

パソコンはVAIOです。

このQカップは女性から引っ張りだこでした。

スクラブルカップといい

輸入品になるので6000円くらいもするそう。

2015年 スペクターにて

BOND25でQはゲイのキャラクターで登場か

ベン・ウィショーは自身がゲイであることを公表していますが、

「Q」の人物設定には謎が多く、

歴代「Q」の性的指向も描かれてきませんでした。

しかし、『Bond 25』がMeToo時代に則した内容になると明かしており

ゲイのキャラクターが登場しても不思議ではありません。

そういえば、「Bond25」のQはキャラクター写真で

頬杖ついてますもんね。

メガネのほうが良かったなー。

 

 

「BOND25」は2020年4月、公開予定です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道東walkerときどき ごちゃまぜ , 2019 All Rights Reserved.