大好き北海道の東端っこでの生活

上白石萌音(未満警察ミッドナイトランナー2話3話)を誘拐した巨大闇組織とは?韓国の実話!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

今をトキメク上白石萌音さんが、「未満警察ミッドナイトランナー」の2話3話に出演しています。

今まで演じていたどの役ともちょっと違い、薄幸そうな、そして不良っぽい少女を演じています。

それでも可愛さと性格が良さそうなのは、隠せないし変わりませんね。

 

「家出少女の亜未がなぞの闇組織に誘拐される」

マネージャーさんからのtweetはこちらです。

👆

これ、元になった実話が韓国にあるんです。

韓国の人ならすぐに、「あーあの話ね!」とわかる話だそう。

ご紹介します。

ネタバレになりますので、ご注意ください。

そして、女性にとっては気持ち悪く怖い話になります。

上白石萌音が出演の「未満警察ミッドナイトランナー」元になった話とは?

「未満警察ミッドナイトランナー」は、平野紫耀さんと中島健人さんが「走る!走る!」の警察青春ドラマなのかと思いますが、とんでもないダークな面も見せてくれます。

萌音さん演じる家出少女「亜未」が誘拐されて、加藤雅也演じる柴本が「大事な商品に手を出すな!」と手下のチンピラを殴る場面がありました。

「大事な商品」とは何??

今までのストーリーなら、亜未に売春させるとか???え~ひどい!!と想像しますが、それとは違います。

もっともっとひどく怖く驚くことでした。

 

亜未と同じく、捕まってる女の子全員がベッドに横たわり、ぐったりしています。

これは、どうしてか?聞いて驚くなかれ。

 

➡なんと卵子(らんし)を製造させられているんです。

👆想像を絶するひどさでしょう!!

 

柴本たちは家出少女たちが親たちから捜されないことをいいことに、少女たちに「排卵誘発剤」を注射し、たくさんの卵子を作らせてそれを少女たちから抜き取り、売っているんです。

「排卵誘発剤」は、おなかに自己注射できるんです。

ふつう、卵子はひとつしか排卵されませんが、不妊治療のための薬剤を注射すると、卵子が数個排卵できるんです。

 

➡この卵子をどうするのか?

産婦人科医に売ってお金にする。

産婦人科医は不妊で悩んでる夫婦(日本人がいいお客)に高額で卵子を売る。

信じられないような話ですが、実際にこの話は数年前に韓国でありました。

韓国で本当にあった巨大闇組織の逮捕のニュースは?

 

2005年11月9日「KBS WORLD Radio」のネットニュースより引用

韓国・ソウルの瑞草署は(2005年11月)6日、200人以上の日本人に韓国人女性の卵子をあっせんしていたブローカー10人のグループを摘発し、関与していた産婦人科4か所を捜索した

グループは2002年から今月にかけ、日本人の不妊女性249人に対して、1件あたり1700万ウォン(約150万円)で韓国人女子大生らの卵子をあっせんしていた疑い。

日本国内にも事務所を置き、相談に来た日本人女性に韓国の産婦人科も紹介していた。

ソウル警察庁も同日、インターネットを通じて卵子をあっせんしたとして、ブローカーの男(28)を同容疑で拘束、卵子を提供した女子大生らを書類送検した。

 

 

韓国では、2005年から精子や卵子の売買が禁じられるようになった。

 

★同じ事件の報道です

 

ソウル瑞草(ソチョ)警察署は6日、不妊の日本人女性に対して韓国人女性の卵子の不法売買を斡旋して多額の金を受け取ったとして卵子の売買を禁じている生命倫理安全法違反の疑いで40代のブローカーら10人の取調べを進めています。

このブローカーたちは2002年12月から今月1日までの間に、インターネットに卵子の売買サイトを開設し、韓国人女性から300万ウォンから500万ウォン(27万円から45万円)で卵子を買い入れて、不妊の日本人女性に1700万ウォン(約150万円)で売るなど、合わせて249回にわたって42億ウォン(約3億7800万円)を受け取っていた。

このブローカーらはソウルと東京に事務所を構えて、不妊で悩む日本人女性を募集し、韓国の病院で韓国人女性から卵子を取り出して日本人女性に人工授精などの手術を行っており、規制が厳しくなった今年からはマレーシアで手術を行っていたということです。

 

 

ニュースでは、「韓国人女性から卵子を取り出して」とだけ書かれていて、自分からお金欲しさにすすんで卵子を提供した女子学生のことのみ、書かれていますが、ドラマのように誘拐された女性もいたのではないでしょうか?

想像上の話ではないと思いますが、その事実はネットでは、探せなかったです。

家出した青少年たちがワンルームやモーテルを借りて家族のように一緒に生活する集団は、韓国では通称「カチュルペム」(家出ファミリー)と呼ばれ、騙されて犯罪に巻き込まれるケースが後を絶たないとのこと。

家出の原因は

・家族間の不和および家庭内DV➡32.4%

・自由に生きたい➡26.8%

韓国の少女たちは、自営業や家事を手伝わされたりする傾向がある。

また過度な学歴社会を背景に、中高生は勉強で多くのストレスを受けている。

そこに家庭内の不和が重なれば、“人生が不自由だ”と感じ家を出たい少女が増加している。

まとめ

 

「未満警察ミッドナイトランナー」では、この事件をどのように演出するのでしょうか?

また2話では、本間快くんと一ノ瀬次郎くんも、この闇組織に捕らわれます。

どうして二人とも、女性ではないのに(卵子を作れないのに)捕らわれたのでしょう?

これには理由があり、闇組織の恐ろしさに震え上がります。

第3話がワクワクドキドキ楽しみです。


この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道東walkerときどき ごちゃまぜ , 2020 All Rights Reserved.