大好き北海道の東端っこでの生活

渡辺直美とゆりやんのMV衣装デザイナーは誰?氷川きよしの衣装も彼!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

渡辺直美さんが、レディー・ガガとアリアナ・グランデのコラボレーション楽曲「Rain On Me with Ariana Grande」のオフィシャル・パロディ・ミュージック・ビデオを制作。

アリアナ扮するゆりやんとのコラボで、完コピのクオリティの高さに感嘆!

このすごいミュージックビデオの監督プロデューサーは誰なのかは、ご紹介してます。

渡辺直美とゆりやんのMVプロデューサー(映像監督)は誰?クオリティの高さがすごい!

 

映像もすごいけれど、衣装の綺麗さとこれも完コピに圧倒されていました。

渡辺直美さんが公表されましたので、ご紹介します。

彼はたぶんですが、最近の氷川きよしさんの衣装も担当しています。

(氷川きよしさんの衣装のことを書いたブログと内容が重なります)

渡辺直美とゆりやんのMV衣装デザイナーは斎藤ヒロスミさん

2019年のTwitterです。

斎藤ヒロスミさんは、氷川きよしさんの左にいらっしゃる方です。

右側がアシスタントの増田義幸さん。

 

👇このインスタは2018年のテレビ番組「さんタク」において。

渡辺直美ちゃんはホイットニー・ヒューストンに扮装しています。

可愛いですよね💛

この素晴らしい衣装デザインも斎藤ヒロスミさんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#明石家さんま #木村拓哉 #渡辺直美 #さんタク #さんま映え #fujitv #フジテレビ

明石家さんま(@sanma_santaku)がシェアした投稿 –

★斎藤ヒロスミさんプロフィールは?

 

幼少の頃より小原流生け花を習い、それによって培われた感性を生かしモノ作りを始める。

またクラブパフォーマーとして活動する際に着用していた自身のデザイン・制作したコスチュームが注目を集め、2001年より衣装デザイナーとしての活動を開始。

(クラブパフォーマーとは、パーティやイベントでパフォーマンスをする人のこと)

2014年7月より衣装デザイン、スタイリング、制作を請け負う株式会社WooraFrontを設立。

株式会社WooraFrontは東京オリンピックのイベントのひとつに参加予定だった

東京2020 NIPPONフェスティバル:パラリンピックのイベント

(東京2020大会の延期に伴い開催が中止されました)

障がい者や健常者、ジェンダー、国籍等、様々なジャンルの人々が、それぞれ異なる個性を輝かせ、交じり合うことで、その価値を感じ、気づき、そして意識や行動に変化をもたらすきっかけをつくります。

それを目撃し、多くの人々の意識や行動の変化の集合が、大きなうねり(原動力)となって、オリンピック大会の熱狂をパラリンピック大会へつなげていくとともに、大会終了後のレガシー(ダイバーシティ&インクルージョンの新しい文化創造)へと昇華させていきます。

 

齋藤ヒロスミさん(株式会社WooraFront コスチュームデザイナー)

(ドラァグクイーンの左側)

とってもシャイに感じる斎藤ヒロスミさん。

すごいアーティストさんですね。


この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道東walkerときどき ごちゃまぜ , 2020 All Rights Reserved.