大好き北海道の東端っこでの生活

田口一成(たぐちかずなり)ボーダレスジャパン社長の普通じゃない経歴は?カンブリア宮殿

2020/04/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

田口一成ソーシャルビジネスのスタートきっかけはアフリカの栄養失調の子供映像

★テレビ「カンブリア宮殿」にて紹介されてた💼カバンはどんな??

日本の約4割の国土に、約1億6千万人が暮らすバングラデシュでは、世界でも有数の人口密度の高さから失業率が大きな社会問題となっている。

厳しい就労環境のもと、未経験や未就学を理由に「働く」場のない人々も多く存在しています。

バングラデシュに1人でも多くの雇用をつくるために、これまで働くことの出来なかった、厳しい家庭環境で暮らす方々や、女性を積極的に採用し、現地資源を活用した牛革製品の工場を設立した。

2名から始まったビジネスレザーファクトリーの工場は、ブランド創業から5年目を迎え、現在は100人以上の日本メンバー、600人以上のバングラデシュ工場の仲間たちがは働いている。

日本では発達障害でうまく社会に相いれない人のための、働ける場になってる。

初任給20万円はいいねー。

👆

送料無量が嬉しいですね。

田口一成さん最初の頃のビジネスは??

外国から来た人に部屋を仲介する不動産仲介の仕事をしていた。

10年前は今より入居拒否が多かった。

せっかく日本に来てくれたのに人種差別はダメだよね

シェアハウスを作った。

それが8億の売り上げを生み出した。

その時、今までは金稼ぎの手段だと思っていたビジネスが、本当はそうではなく、困ってる人を助ける解決そのものになるんとだ、と思った。

 

仕事の進路を教えてくれた、あるNPO代表の言葉とは??

 

 

田口君、本当にこういう貧困の現状を変えたいなら、自分でお金をコントロールできるようになりなさい。

俺らのように寄付金に頼った活動をしていては、大きな動きはできないんだよ。

本当に社会を変えたいなら、ダイナミックかつ継続的に支援できるための資金が必要なんだよ。

 

●1980年12月生まれ。三人兄弟の長男

 

●「ビジネスを通して貧しい人たちを助けよう」と決めた私は、“ビジネスならアメリカだろ”というよく分からない勝手な思い込みで、大学を休学して、米シアトルの「University of Washington」に1年間留学。

●「株式会社ミスミ」に就職した。

「株式会社ミスミ」とは?

東京都文京区に本社を置く機械加工製品の販売などを行う持株会社。

製造業の生産ラインや開発部門で必要とされるFA事業、金型用の精密機械部品事業、同社ブランド以外の他社商品も扱うVONAの3事業を主とし、FAと金型用部品専門商社の株式会社ミスミが中核である。

ホームページはこちら

ミスミの面接で出会ったのが、ボーダレス・ジャパン副社長のすーさんこと、鈴木雅剛さん。

「カンブリア宮殿」にも、出演されてました。

1979年山口県出身。

大学時代、やる気なくつまらなそうに働くバイト先の人々や、働きたくても働けない人々の存在を目の当たりに。

かたや、シングルマザーや障害のある人たちは、働きたくても働けない人がたくさんいることも、知りました。

「世界で一番働きたい会社をつくる」ことを志す。

2年半でミスミを辞め、先にスタートしていた田口社長に合流。

その後、何度も大きな壁にぶつかりながらも本当にかけがえのない仲間たちと切磋琢磨して、会社を大きくしている。

テレビ番組は、あれで終わりではなく、続いてるのがすごい。

若さとエネルギーの塊に圧倒されてる。

🌸コロナで暗い気持ちでいるけれど、とても元気をもらえました。

夢をあきらめては、ダメですね。

やらないことが、いちばんダメだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道東walkerときどき ごちゃまぜ , 2020 All Rights Reserved.