大好き北海道の東端っこでの生活

PCR検査機全自動の価格はいくら?メーカーのPSS(千葉県)はどんな会社?

2020/08/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

8月3日にPSSという会社から、全自動PCR検査機が販売されました。

これは、先にフランスなど欧州では販売されてたんですね。

なぜか、日本では遅れて販売されました。

(装置に用いる試薬が国内で保険適用の対象になったため、8月3日から販売するとのこと)

とても、興味があるPSSという会社はどのような企業なんでしょう。

また、全自動PCR検査機の価格はいくらなのかをご紹介します。

全自動PCR検査機のメーカーはプレシジョン・システム・サイエンス(株)

略してPSSです。

屋上の看板にPSSがしっかり見えますね。

 

◇住所:千葉県松戸市上本郷88

 

◇企業内容:遺伝子検査、タンパク質検査などの体外診断における研究開発、その実用化で用いられる自動化装置、その他理化学機器、ソフトウェアなどの開発および製造販売を行っています。

 

◇設立:1985年

 

◇社長:田島修二

 

・1948年生まれ。

・1976年中央大学理工学部卒業、

・1985年アドバンテック東洋入社。

👇田島社長談

1985年のことです。

自分で独立するつもりだったところ、友人が引き受けてくれ、側面支援することにしましたが、89年にはその友人に体調の問題が生じたため、後を引き継ぐことになりました。

・1989年2月PSS入社、4月取締役、6月社長就任。

 

◇顧客:

・ロシュ(スイス)はメガファーマであると同時に遺伝子診断最大手

・アボット(米国)、キアゲン(ドイツ)も遺伝子分析装置で世界トップクラス。

・エリテック(フランス)は世界的バイオ医薬品メーカーの一つ。

・国内では三菱ケミカル系の臨床検査・試薬会社、LSIメディエンスが古くからの顧客。

 

全自動PCR検査機の価格はいくら?

 

◇装置は最大12検体向け(参考価格1250万円)

 

◇最大8検体向け(同850万円)の2種類。

 

◇人手を介さずに、密閉した装置内で複数の検体を同時に検査できる。

 

★12検体向けは約2時間40分で

 

★8検体向けは約2時間で結果が出る

 

 

★フランスはパリの検査技師さん

 

5月9日の木村正人さんの記事より

[ロンドン発]新型コロナウイルスの感染拡大に伴い論争が激化しているPCR検査について、開発ベンチャー会社プレシジョン・システム・サイエンス(以下PSS社、千葉県松戸市)が全自動PCR検査システムの共同開発で駐日フランス大使から感謝状を送られました。

 

3か月も前の記事になります。

知りませんでした。

アベノマスクにかかった契約額の総額が約260億円。

全自動PCR検査機1250万円のほう、20台購入できました。

これを、かく都市に5月に設置できていたら………・

 

こちらも合わせて読んで欲しい

東京都医師会会長の尾崎治夫さんプロフィール

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道東walkerときどき ごちゃまぜ , 2020 All Rights Reserved.