大好き北海道の東端っこでの生活

イッテQイモトさんのブラックウオーターダイブの費用は?連絡先と開催日と書籍をご紹介!

2020/07/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

6月28日(日曜日)、イッテQにおいて、イモトさんが沖縄に行かれました!

「新企画イモトジャパンツアー始動…目指せ47都道府県制覇!沖縄の絶景&珍獣リポート」

そのなかで「ブラックウオーターダイブ」をされるとのことです。

ブラックウオーターダイブとはどんなことなの?

私たちが楽しむには費用はいくらかかるの?

また場所はどこなのか?

連絡先は?

これらをご紹介したいと思います。

ブラックウオーターダイブとは?

 

◇ブラックウオーターダイブは日没後の夜の海に始まる。

 

◇海底に自然光に近い水中ライトを設置

 

◇夜の海にやってくる稚仔魚(魚になりきっていない子魚)やプランクトンたちを待つダイビング

 

◇普通のダイビングでは会えない生き物たちばかりとの出会いは興奮の連続!

ブラックウオーターダイブを楽しむための連絡先は?

 

ダイブエスティバン

〒 901-3108

住所:沖縄県島尻郡久米島比嘉69-160

電話:098-985-7150

㏋ dive-estivant.com

こちら

ブラックウオーターダイブの開催日

 

◇8月19日から23日

 

◇9月12日から16日

 

◇費用 28000円

 

◇潜る水深は1mから15mで前後の浅い海底のある中層域

 

◇日没後にエントリーして2ダイブを予定(1ダイブは60分から90分)



ブラックウオーターダイブは峰水亮(みねみずりょう写真家)さんがプロデュースしています

峰水亮さん

◇生年月日:1970年大阪府生まれ

 

◇1997年に国内外の海のフィールド撮影をする峯水写真事務所を設立。

 

◇主に浮遊生物を中心とした海洋生物の撮影に取り組んでいる。

浮遊生物とは➡プランクトンのこと

 

◇さまざまな浮遊生物をフィールドで観察できるイベントBlack Water Dive™を国内外で開催中

神秘のプランクトン Jewels in the night sea [ 峯水亮 ]

 

★レビュー

・小5の子供がTVで見て感激。どうしても欲しい と頼まれ書店に行きましたが売切れ。

ここで注文しました。素晴らしい写真ばかり。子供と一緒に楽しめます。

 

・テレビ番組で紹介されているのを見て即購入しました。

ずっと見てられる本です。
すごく魅力的な写真ばかりです。
購入して本当によかったです。


デジタルカメラによる水中撮影テクニック [ 峯水亮 ]

 

★レビュー

ダイバーの間ではすっかりメジャーになった水中写真ですが、一般の人にとっては見ることはあっても自分で撮るということはほとんど無いのではないかと思いますが、それゆえに水中写真(水中撮影)の本というのはあまりなくて、あってもその多くは初心者向けに書かれたものが多いというのが現実かと思います。
その中で本書は私が今まで読んだ水中写真の本の中では(と言ってもそれほどあるわけではないですが)一番本格的で詳しく書かれて、対象とする読者はデジタル一眼で水中写真を撮る人を想定したものとなっていますが、そこまでいかなくてもコンデジでも外部ストロボを使って絞りやシャッタースピードを自分で設定したりというレベルの人も対象になります。このため初心者の方には難しすぎると思いますが、上を目指す人には非常に参考になる本です。

この記事を書いている人 - WRITER -
owl
大好きな北海道の東端っこ 道東に住んでいます。 北海道に関するできごとや道東のお店 または好きなことまで書いています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道東walkerときどき ごちゃまぜ , 2020 All Rights Reserved.